ボクシング独り言

語る相手がいないぼっちボクオタがボクサーやボクシングの試合について一人で語るブログです。

村田諒太 ゴールドメダリストの軌跡 世界のベルトを巻くまでの道のり

今回は日本人初のオリンピック金メダリスト&世界チャンピオンという肩書を手に入れたボクサー、村田諒太選手のこれまでの試合を厳選して語っていこうと思います。特に村手選手はブラントⅠ・Ⅱの前後で大きく変わった部分があるのでそれについて詳しくしゃべりたいです。

 

プロデビュー戦

この試合は村田選手のプロデビュー戦でオリンピック金メダリストということでプロデビュー戦にかかわらずとてつもない注目度で行われました。現時点から振り返れば村田選手はプロデビュー戦から根本的なスタイル自体は変わってないというのがわかる試合です。展開としては1Rジャブと足を使い距離をとろうとした柴田選手に対してハイガードからプレスをかけ続けパンチが届く距離になると右ストレート、近距離ではボディを打ち込む。この時点で両者のフィジカルに差を感じ、村田選手が今までの日本人重量級選手にはないようなフィジカルとパワーを感じました。またプレスをかけ続けるため柴田選手はどうしていいのかわからないような状況になってしまいました。そして1R終盤に村田選手の得意な右ストレートでダウンを奪う。2Rもほぼ同じ展開のままレフェリーストップで試合終了。この試合の村田諒太選手はプロ初試合ということで現在と比べると大振りが目立ち自らのパンチでバランスを崩す怖いシーンも目立ちました。ただそでも圧倒的なフィジカル、びくともしないハイガード。そして最も特筆すべきは相手を追いかける追い足。正直今までの日本人選手の中でもこの部分はとびぬけているのではと感じます。各試合を通して相手を自由にステップさせる時間がとにかく少ないです。フィジカルの強い選手が常に自分の正面に立ち続けるられるのは相手からしたら相当嫌です。自分の戦いたい距離を制約され続けるのだから。村田選手よりフィジカルが劣っている選手でこの追い足から逃れられる選手は世界でもほとんどいないのでは?とも思います。このプロデビュー戦では東洋太平洋王者にこれらのスペックを感じさせる最高のスタートだと思います。

 

世界前哨戦まで

プロデビュー戦で輝かしい勝利を挙げた村田選手ですがこのままそのスタイルに磨きをかけるのかなと思いましたが、村田選手は色々なスタイルを試し始めました。そのため仕留めきれる相手に攻めあぐねたり被弾するシーンが目立ちました。明らかに自らのストロングポイントを生かしているようには見えませんでした。このことに関して村田選手は自らのYouTubeチャンネルで「プロにきてプロ仕様にならないと思った。どんなスタイルもできるように。ただそうではなくてアマチュアで培った基盤に少し加えてあげるだけでいいと」。このことに気づいた後の村田選手のパフォーマンスは良くなり2016年の世界前哨戦では4戦4KOと好成績を示した。特にパンチがコンパクトになり、リターンをなるべくもらわないようになりました。

 

ネット回線トスアップ【お客様紹介】(業務提携)難しい知識は不要

VSアッサン・エンダム戦

村田選手が初めて世界クラスの相手と戦った試合です。今まで追い足がやハイガードが素晴らしいと述べましたがじゃあそれが世界クラスの選手に通用するのかということを証明する初めの一歩になります。結果としてはこの相手に村田選手は完璧な試合を行いました。この試合に関してはYouTubにて素晴らしい解説動画が上がってるの簡単に述べますが、とにかくエンダム選手のジャブと足では村田選手に有効打がほとんどとれませんでした。村田選手のハイガードと何といってもバックステップによる見切りでエンダム選手は切り札の右オーバーハンドも当てれませんでした。元世界チャンピオンでアマチュア時代から交流のあった小國選手も村田選手はバックステップがめちゃ上手いと述べてました。また右ストレートによってきれいなカウンターでのダウンも奪いました。このダウンシーンに関してはダウンKOシーンに興味がない僕も美しいと感じました。試合をコントロールし、どう見ても村田選手の完勝に見えましたが結果はスプリットによる判定負け。当然判定がおかしいと話題になりすぐさまダイレクトリマッチが組まれました。この試合は金メダリストの世界戦ということで日本での注目度は非常に高く様々な反響がありました。中には村田選手に対する厳しい意見も多かったと記憶しています。やはり強さがわかりやすいスタイルではないというのとミドルの層の厚さが原因となったと思います。またこの試合はパンチを打つ回数も少ないので派手な試合を期待していた層からの声もあったかなと思います。僕が個人的にこの試合で思うのはエンダム選手の危険なパンチを警戒し続ける村田選手の慎重さも全然納得できましたし、リスクを排除するためクリーヒットが取れそうなタイミングでしか手を出せないのも駆け引きがあり面白かったです。強いて言うなら攻め手がワンツー左ボディだけなのでそれこそ右オーバーハンドやフックを打てばより崩せそうな気もしました。完勝なのにこの意見はちょっと大きなお世話かもしれませんが、、、、。パフォーマンスにかんしてはこんな感じで興行面・一般層に対してどうかというと、これを普段ボクシングの人に見せて面白いというかと聞かれるとそうはおもいません。ある意味プロボクサーの何よりも勝利を求めると興行として観客を喜ばせるという二つの使命を同時に満たすのは難しいという問題の露呈かなと思います。勝利だけを求めるならば絶対に相手をKOしに行くよりも相手のパンチに警戒した方がいいですし、パンチを打つことは自らを危険にさらすことと同様ですから。そうすれば必然的に判定勝利が増えます。逆に試合を盛り上げるためダウンやKO シーンを狙いに行けばやはりリスクは増えますよね。相手の実力が自分と離れていれば後者をとれますが自分と近しい実力の場合は間違いなく前者になりますよね。つまりどんな相手でも前者の戦い方を選ぶファイターはあまり人気が出にくいですし、後者は人気が出ますよね。個人的に日本人選手では辰吉丈一郎選手や長谷川穂積さんは後者なのかなと思います。だから個人的に村田選手のような注目度が高く金メダリストとして負けられないという選手は恵まれているようで一番いばらの道かもしれません。

 

ちょっと長くなってしまいましたので僕が一番語りたいブラント戦以降は次のブログで語ろうと思います。あとブログの中でボクシング観に関して僕はKOやダウンは興味ない。むしろ判定の方が試合を長く見れて面白いと述べましたが、これはKOやダウンが好きな人がおかしいと言ってるわけではありません。またそのようなシーンのみを求める人達がボクシングをわかってないなどと通ぶるつもりもありません。どんな形であれボクシングを楽しんでる人はみんな同じボクシングファンです!じゃあ長くなりましたのでここいらで。ここまで読んでいただきありがとうございます。