ボクシング独り言

語る相手がいないぼっちボクオタがボクサーやボクシングの試合について一人で語るブログです。

マイキーガルシア 歩くテキストブックとなった男の到達点とは?

今回語るボクサーは4階級を制覇した元PFPランカーのマイキーガルシア選手について祟ろうと思います。個人的にマイキー選手は僕のお気に入りの選手の一人なので今後の動向がすごく気になる選手です。直近の試合ではジェシー・バルガス選手に判定で完勝しウェルター級の王座を制覇するための第一歩を踏み出したもののあまりにも険しい道なのかあまり周りからこの選手の話題を聞かないです。PFPランキングにもスペンス選手に負けて以降消えていてなんでこの選手がランキング内なのか謎です。もちろん実力は認められてはいるもののどうしても過小評価気味な感じです。そんなマイキー選手に関しての特徴と今後の動向について書いていきます。

 

特徴がないのが大きな特徴 このスタイルで様々な強豪を圧倒するすごさ

マイキーガルシアの最大の特徴といえばワンツーと答える人が多いと思います。もちろんこのワンツーはマイキー選手の大きな武器でこのワンツーがどの試合でも相手を打ち負かすのに有効的なものです。相手はマイキー選手のオフェンスの要とわかっているのでワンツーを警戒しているにも関わらず相手を打ち抜いてしまう。ワンが当たると同時にツーが同時に飛んでくるため最初のジャブさえ当ててしまえばストレートが当たってしまうというう高速のワンツー。そもそもジャブを当てるタイミングに優れていることがわかります。ディフェンス面に関しては常に相手のパンチがギリギリ届かない距離を保ち相手のパンチが飛んでくると半歩で差あることにより当てさせず、仮にパンチが届く距離でも的確なパーリングで相手のパンチを叩き落とす。個人的にマイキー選手のパーリングは好きすぎて一試合通してパーリングだけに注目してみることもあります。相手からしたらせめてガードの上からでも殴ってリズムを作りたいのにそれすらさせてもらえない。柔の鉄壁のディフェンスといえます。

マイキー選手のスタイルってぶっちゃけ今述べたことで全てでいい意味で変わったことをしません。ワンツーやバックステップ、パーリングなどボクサーとしての基本的な技術を使ってでしか試合を構成しないのにも関わらずどんな相手にもこのスタイルを通用させて相手を支配してしまうすごさ。PFPランカーを見てみてもどのファイターも基本的なスペックは優れているものの各々自分のほかのボクサーにはないストロングポイントを押し当てたようなファイトスタイルです。ロマチェンコ選手は滑るようなフットワーク、クロフォード選手は変幻自在のカウンター、べテルビエフ選手は理不尽な強打など。そんな中で特別なものを何一つ使っていなくて身体能力頼みというわけでもないのにこの地位までいることは基礎なめちゃいけないことの証明ですよね。基礎をマイキー戦手レベルまで極めれば特殊なテクニックや身体能力がなくてもあそこまでのボクサーになれると。もちろん極めるまでが非常に困難だったのはわかりますが、、、、、

ライト級、スーパーライト級でのスケールアップが彼のハイライトのように思える

マイキー選手はフェザー~スーパーライト級での4階級制覇王者ですが彼が本当の意味で世界的にトップボクサーになったのはライト級以降と感じます。もちろんフェザー、スーパーフェザー級でも完成度が高く一発のある選手だと思いますがなかなかスター選手との試合に恵まれなかったり体重を作れなかったりロッキーマルチネス選手との試合でダウンを喫したりなどうしても殻を破れない状況が続いていました。しかし2年間のブランクを経てのライト級から彼のキャリアがより豊かになったと思います。当時全勝だったズラティカニン選手を衝撃の3RKOで勝利。距離を詰めて相手を圧倒してきたズラティカニン線んしゅですがこの試合ではマイキー選手のワンツーで前進がせき止められダメージを蓄積。そして聞かせたタイミングを逃さず渾身の右フックでフィニッシュ!このような早期KOというの井上尚弥選手にも言えますがどうしてもその試合時間の短さからその選手の本来の実力が完全に見れないことになってしましますがその反面キャリアアップとして注目度が上がったりなどのいい面が望めます。相手が強豪の選手だったらなおさらですね。

そして僕が次にあげたいのがスーパーフェザー級におけるエイドリアン・ブローナー選手とのノンタイトル戦。ズラティカニン選手の試合よりも衝撃があったかもしれません。この試合の前予想は勢いに乗っているマイキー戦手に勝利予想が傾いていて普通にKOで勝てるのではという声もあった気がします。ブローナー選手は有名なファイターで実績も積み重ねたもののマイダナ戦やポーター戦での完封負けのせいで評価が駄々下がっていたような気がします。ただ僕は正直マイキー戦手からしたらだいぶきつい試合だた思っていてブローナー選手が普通に勝ってしますのでは?とも思っていました。海外でも彼の相性のABをバカにしてAlways beaten(常に負ける男)とバカにされたりメイウェザー戦の失敗作などひどいことを言われるブローナー選手ですが僕はこの選手の評価は高いです。メイウェザー選手のスタイルの模倣はできなかったもののその分適正階級では近場でのインファイトを使い確実に相手を削ってポイントアウトできる。L字ガードにしてもしかっり相手の攻撃をいなしまとも当てさせない柔らかさを感じます。そもそもこの時点で彼の評価が駄々下がりしたマイダナ戦とポーター戦に関してはどう考えてもウェルターで屈指の突進力がある両者に適正階級でないブローナー選手が勝つのは厳しすぎます。ブローナー選手はやはり適性がスーパーライト級の選手でそれ以上は厳しいように思えます。実際にウェルター級以外で彼が本当の意味で相手に支配された試合がなかったと思います。そのブローナー選手とスーパーライト級で階級アップ初戦での試合。マイキー選手がどうしても不利に思っていました。

実際の試合展開ですが僕は度肝を抜かれました。中間距離で刺しあう両者ですが明らかにブローナー選手がジャブを出しずらそうにしています。そしてやっと出したかと思えばマイキー選手がそれを軽くパリ―し一気に距離を詰めジャブを当てブローナー選手を押し込みます。そしてロープに詰まってガードを高く当てるブローナー選手に対しワンつをさし続けるマイキー選手。時折ワンツーをエサにしての右フックがクリーンにヒット。ブローナー選手が適正階級の試合でここまで中間距離を支配されるものかと驚きました。しかも下がったタイミングでブローナー選手がL字を使えないレベルの追い込み。序盤中盤の支配力を見てブローナー選手相手にここまでできる選手ってほとんどいないのではと思ってぐらいです。ただブローナー選手は中盤以降に自信の体格の理を使ってインファイトに切り替えたあhン弾力はさすがだなと思います。ただそれでもマイキー選手の威力重視よりも手数重視のワンツーでポイントを奪い返すほどではありませんでした。結果は3-0のUDでマイキー選手の勝利。海外のコメントでつまらない試合と書かれていてちょっとショックでしたがあの試合のマイキー選手の能力の高さを知った僕はめちゃくちゃ面白かった試合といえます。

ロバートイースター戦はスーパーライト級の王座統一戦ということですがここまでくるともはやマイキー選手の勝利予想がほとんどですね。冷静に考えればマイキー選手がここまで身長とリーチがあるアウトボクサーと戦ったことがないため不安状況はあるもののマイキー選手のスペックだったらいつものように相手を支配して勝つんでしょ見たいな。僕もそう思ってました(笑)実際に階級を上げてこの手の露骨に体格が上回れている相手というのは相当きついと思うのですがやはりこの試合を支配しましたね。なんであんなに距離が遠い相手に簡単に何発もワンツーを当てれるのか。しかもスーパーライト級でのフィジカル十分についたのかイースター選手が途中から前進を止めれなくなっていました。ここまでのキャリアで実力に関してはかなり証明しきった感じがします。

 

スペンス戦でマイキーが得たものとは? 今後のマイキーは?

ここまでで多くのことを証明したマイキー選手ですが急に理解できないことをやり始めます。それがIBFウェルター級のチャンピオン、エロールスペンスJr.選手の王座に挑戦するというもの。僕は最初にこの記事を見たときにてっきりフェイクニュースかマイキー選手がやるつもりはないけど本人かチームの人が乗りとジョークで言ったみたいなものだと。最近だとパッキャオ選手がゴロフキン選手とやりとフレディーローチさんが言ったりゲイリーラッセル選手がクロフォード選手と戦いたいといってるやつとおんなじ感じだと。まさか本当にスペンス選手の挑むと思うわけないじゃないですかWWW

というのもスペンス選手ははっきり言ってウェルター級の選手の体格じゃありません。明らかにミドル級でも通用しそうですし普段の体重がライトヘビー級は優にあると記事で見たことがあります。実力以前にそもそも試合として成り立たないんじゃないかと思っていました。実際に試合はスペンスのシャットアウト勝ちの大差の大差の判定です。KOされなかったからマイキーすごいという声も聞こえましたがあまりそうは思えず単純にスペンス選手がリスクを排除してフィニッシュしにいかなかっただけのように思えます。後半に関しては遊んでいるようなしぐさも見せてましたし。ほとんどパンチを当てられずフルマークでの完敗。余談ですけどこういうことがあるからあまり体格差のある試合は好きじゃないんですよね。適正階級同士の選手にこの内容で負けたらまだ納得のいくものですが体格上の相手にこれっていうのはなんかすっきりしませんよね。さらにそれでスペンス選手に対しても体格差で勝ったねなんてリスペクトのかけらもないようなこと言いたくないですし。まぁ試合があったら見るはしかっり見るんですけどね(笑)もしかしたらパッキャオVSデラホーヤみたいなことがないとは言いきれないですし。

話を戻しましてマイキーはこの試合で初の黒星がついてしまい結果的に評価が下がってしまいました。勝利を信じ勇敢にこの試合に臨んだマイキー選手に失礼を承知で言うとこの試合はやるべきではなかったなーと思ってしまします。もしかしたらスペンス戦ではなく階級を下げてのロマチェンコ戦を見たかった人も多かったと思いますがこれは仕方がないと思います。ネームも実力もあるマイキー選手ですが本当の意味でのビックマッチを経験できていません。それこそPPVが成功するような。ボクサーとしての最強決定戦だったらロマチェンコ戦でしょうがウクライナのボクサーと階級を下げてまで戦うぐらいなら人気のあるウェルター級でスター候補のスペンス戦を選ぶ心情もわからなくはないです。実際の興行面としては大成功しましたし。

今後のマイキー選手の動向ですがウェルター級での5階級制覇みたいですね。本人のインタビューでもキャリア的に147にこだわっていましたし。僕の本音はスーパーライトやタイと級での試合がめちゃくちゃ見たいです。テイラー選手、ヘイニ―戦手、ロペス選手、リナレス選手など彼の適正の階級でパっとこれだけ思い浮かぶのですがおそらくもう落とせないのかなと思っているのであきらめています。ウェルター級で話が出たのはパッキャオ選。ビッグネームとの対戦を望むマイキー選手と流石に現在の年齢と状態で適性のウェルター強豪よりは下から上げてきて実力も申し分ない相手を選びたいパッキャオ選手二人の願いが一致するので実現はしそうです。やはり適正階級ではなく相手がパッキャオ選手だとマイキー選手圧倒的不利だと思いますが彼自身のレガシーのためにもこの試合は臨むところだと思います。もし実現したらどんなに厳しくても僕はマイキー選手の5階級制覇を応援します。