CRITICAL BOXING NEWS

ボクシング関連の話題をタイムリーで主観マシマシで意見します。

ルイス・ネリがフィゲロアと統一戦 ネリは勝てるの?負けるの?

おそらく日本のボクシングファンの中で最も嫌われているであろうボクサー、ネリが今週末に統一戦を行います。なんで嫌われているのかはボクシングファンにとっては周知のものだと思うので書きません。知らない人のためにめちゃくちゃ割愛していうと過去に日本人選手との対戦時にドーピングだったり体重超過など卑怯なことをしているからです。相手はスーパーバンタム級IBFチャンピオンのブランドン・フィゲロア。とりあえず今回触れるのは以下3点です。

 


www.youtube.com

1この対戦について僕が思うこと

まず思ったのが「ネリ、どうした?血迷ったか?」ですね。いやだってルイス・ネリって前回スーパーバンタム級にあげてアラメダと戦いましたけどひいき目なしで見てもあんまりいい内容じゃなかったですよね?どうしてか。そもそもネリの一番の強みって何ですか?人によっては連打の速さとかが挙げられるかもしれませんが僕はパワーとフィジカルを推したいです。というかそれがバンタム時代では相手よりも上回っているからこそ連打に拍車がかかるわけで。過去バンタムで戦ってきた相手よりは明らかにフィジカルが強かった。ぶっちゃけそれ以外にネリがワールドクラスで優れているところってないですよね。それが前回スーパーバンタム級にあげたことで完全に消え去ったということです。で、今回昇級2戦目で迎えたのがフィゲロア。彼は長身でリーチが長いボクサー。おまけに結構タフな方だと思います。同じく過去に結構ひどい体重超過したフリオ・セハとも戦っています。超過セハ相手に打ち合ってひどい代償はあったものの最後まで崩されませんでした。正直フィゲロアがネリより確実に上とまでは言わないもののこの階級では明らかにでかくてタフな相手なので持ち味の失ったネリがなんで挑むのかが謎です。まぁ勝てると思っているから挑むんでしょうけど。

2試合への期待と予想

フィゲロアデカいうえに長いボクサーですけど過去の試合を見ると遠い距離で戦うイメージはないですね。どちらかというとサイズを生かしてのインサイドで相手を圧倒するスタイルですね。ネリもまぁ一緒ですね。基本的にインサイドで連打やコンビネーションで強引にもペースを奪っていく。二人ともいつも通り戦うなら近い距離の打ち合いになるんじゃないですか?最近だとオスカル・バルデスがレイノソ(カネロのトレーナー)の指導のおかげでいつもよりもはるかにきれいで隙の無いボクシングに生まれ変わってましたね。いやあの試合のバルデスは本当に強かった。多分もともとできたのもあるんでしょうけど。ネリに関しては前回見たときはいつも通り戦っているようにしか見えず結局レイノソとのコンビは解消。コメントを聞く限りでも本人はパヤノやアローヨを圧倒した時と同じように戦いたがっている気がしますけど。まぁ果たしてスーパーバンタム級でもでかくてフィジカルのあるフィゲロアに同じことができるかは甚だ不思議です。ただし打ち合いになってお互い決定打がないとネリは手数は出るので。フィゲロアはポイントアウトしたいときにその部分はネックになりそうですね。というかネリがもしフィゲロア圧倒するようなスキルを見せてくれるなら見てみたいですけどね。今までの試合ではそういう部分は見れなかったので。強いて言うなら左と戦う時のカウンターとかはうまいと思いますけど。あとはうーんって感じですね正直。

3次戦はフルトンと戦うことについて

この試合の勝者は秋にWBO王座のフルトンと試合することが決定しているそうです。一応ネリが勝ち上がった体で話しますけど「えげつなっ」って感じです。だってフィゲロアとか今までのごり押しが通用しにくい相手ぶつけられた後に明らかにネリと相性の悪いフルトンですからね。そもそもフルトンのようなスタイルのファイターと相性のいいボクサーが果たしているのかって話ですけど。なんだかんだ無敗に強いこだわりを持っているか彼がこんなリスキーな相手と二戦しなきゃならなくなるとは。(ネリが無敗のままでいるには)最近のボクシングは昔に比べて無敗であることのステータスが高すぎるというかそれが消えることを恐れるがゆえにファンが本当に見たいカードが供給されにくくなってますね。勿論選手を非難するのは違いますけどね。ただ少し勇気を出してもしやれば勝てるかもしれないのに、もっと名声が手に入るかもしれないのにみたいな時でもやらないで結局本人がやれずにその後も自信を証明する機会がなくなるのは悲しいですよね。別にこれは井上のせいじゃないですけど彼もロマゴン(当時PFP1位)とやれていれば間違いなくもっと早くにより注目されていたのに。彼はその後証明する機会があって現時点ではプロモートもうまくいっているからいいものを。ジョシュアVSワイルダーだってそうでしょう。二人ともお互いを警戒しているがゆえにこのカードの価値というかすべてが崩れましたよね。そう考えるとネリのように自分ができる範囲でリスク背負って良い試合を実現してくれるのは本当に貴重なんですよね。マジでこいつがあんなヘイト溜めるようなことしてなければ普通に人気ボクサーだったんだろうなと思う限りです。まぁそれはルイス・ネリじゃない別の何かなんでしょうけど。